哲学的抽象機械

Philosophical Abstract Machine

ピーター・グリーナウェイの映画『 ベイビー・オブ・マコン 』( 1993 )を哲学的に考える

f:id:mythink:20190724190930j:plain

 

f:id:mythink:20190527030828j:plain


監督 ピーター・グリーナウェイ

公開 1993年

 

脚本 ピーター・グリーナウェイ

出演 ジュリア・オーモンド   ()

   レイフ・ファインズ    ( 司教の息子 )

   フィリップ・ストーン   ( 司教 )

   ジョナサン・レイジー   ( コジモ・デ・メディチ )

 

f:id:mythink:20190529205053j:plain


この記事は、よくある味気ないストーリー解説とその感想ではなく、『 ベイビー・オブ・マコン 』の哲学的解釈と洞察に重点を置き、"考える事を味わう" という僕の個人的欲求に基づいたものです。なので、考えることをせずに映画のストーリーのみを知りたい、あるいは映画への忠実さを求める、という方はこの場所は適当ではないかもしれません。しかし、限られた人生の時間の中で物事を深く考えることに意義を見出す人にとっては、十分に刺激的な記事であるのは間違いないでしょう。

 f:id:mythink:20190529205053j:plain

 


  1. 演劇の中の現実的なもの

f:id:mythink:20190724190930j:plain


a.   この映画は、17世紀のイタリアの町で上演される『 ベイビー・オブ・マコン 』という演劇を舞台にしています。興味深いのは、映画の中では、その演劇が純粋な虚構としてのみ導入されているのではなく、"現実的な要素" を孕んだものとして描写されているという事です。いや、それどころかその "現実的な要素" が、演劇の虚構性を撹乱して舞台上の演者、それを見る観客、の区別を無くし双方を混合させる過程を絢爛とグロテスクさよって描き出しているのです。

 

b.   ではその "現実的な要素" とは何でしょう。それは劇の冒頭で醜悪な老女が産んだ赤子、そしてその赤子に関わった結果生じるに他なりません。赤子と死、この2つの要素こそが演劇の虚構性の中における唯一の "現実的なもの" なのです。

 

c.   観客は老女がまさか本当にその場で赤子を産んでるとは思いません。その真実に気付いているのは舞台上の演者たちと、そこに観客席から勝手に上がってきたコジモ・デ・メディチだけです。赤子の誕生という "現実なもの" を間近で知ったコジモのセリフ キリストも聖母からこのように産まれたのか?によって、この映画の重心が聖書の "処女懐胎" の方へと傾いていく事が示されています。ただし、それはスキャンダラスな、いかにもグリーナウェイ的な手法によってですが。

 

f:id:mythink:20190527032416j:plain

 

f:id:mythink:20190527032439j:plain



d.   赤子を産んだ老女の娘は、飢餓に苦しむ社会において赤子が奇跡の子として自分を幸せにしてくれることを夢見て母親から赤子を奪い取る、つまり、赤子を自分の娘であるように周囲にアピールする。しかし、娘に相手はいないので、"処女懐胎" を唱える羽目になります ( 11~24. )。

 

f:id:mythink:20190527032500j:plain


 

f:id:mythink:20190527032523j:plain



e.   注意すべきなのは、"処女懐胎" は娘にとって赤子の母親であるためのアリバイでしかないという事です。彼女は子供の出産を望んでいたではありません。彼女が望んでいたのは社会的な成功であって、赤子はそのために必要なものでしかなかったのですね ( 飢餓が蔓延して妊娠しにくい女性たちが増えているという社会不安が背景にある )。舞台の冒頭で赤子を産んだのは醜悪な老女でしたが、それはあくまで演劇上の見せかけに過ぎないと観客に思わせて自分こそが実の母親である事を周囲にアピールするのが彼女の欲望なのです。

 

f:id:mythink:20190527032547j:plain



f.   その彼女の欲望が明らかになる場所は舞台上ではなく、舞台の地下です ( 25~38. )。言うまでもなく、この地下は娘の隠された欲望の象徴であると解釈出来るでしょう。ここで娘は司教の息子に赤子を産んだのは自分の母であると打ち明けます。司教の息子が絡んでくる事によって、それまで社会的成功の欲望を抱くのみ ( 11~16. ) だった彼女の中には実は男を求める欲望も潜んでいた事が露になります。つまり、彼女は司教の息子と肉体関係を持ちたいという欲望を膨らませていたのです。醜悪な老女が赤子を産んだ事実を信じようとしない司教の息子に対して、娘は自分と寝ればその事実が分かる ( 娘は処女なので赤子は産んでいない ) というように話を持っていくのです。

 

f:id:mythink:20190527032614j:plain

 

f:id:mythink:20190529205053j:plain


 

  2.  "処女懐胎の欲望" と "性行為の欲望"

f:id:mythink:20190724190930j:plain


a.   家畜小屋 ( もちろんこれはマリアがイエスを家畜小屋で産んだとする聖書に則っている ) で娘が司教の息子と肉体関係を持とうとすると、幼子 ( 赤子が自分の意思を持った結果であることの象徴 ) が突然現れる。幼子は言うまでもなくキリストとして描かれています。

 

f:id:mythink:20190527032638j:plain



b.   娘と関係を持とうとする司教の息子に対して、幼子は家畜によって彼を残酷に殺します。このシークエンスはグリーナウェイ的残酷さが顕著な見せ場のひとつであり、司教の息子役のレイフ・ファインズも一糸纏わぬ姿で熱演しています。この幼子の残虐さに娘は怒り、それを見た幼子は自分の命を家畜の中に預け、家畜を殺すことによって自分を殺すように娘を仕向けます。精神分析的に考えるならば、司教を殺された娘は自分の性的欲望の対象を失った事に怒りを爆発させたのです。それ程までに制的対象に執着していた娘はこの時、自分の中にあった処女懐胎の欲望を完全に捨て去ってしまいます。そして、それまで彼女の中にあった処女懐胎の欲望 ( 社会的欲望 ) と性行為の欲望の均衡は崩れたこれ以降、彼女は性行為の欲望の中で溺れていく事になるのです。

 

f:id:mythink:20190527032703j:plain


 

f:id:mythink:20190527032728j:plain

 

f:id:mythink:20190529205053j:plain

 

   3. 性的なものによって滅ぼされる娘

f:id:mythink:20190724190930j:plain


a.  幼子を殺した娘は町の法律によって処刑されようとします。ところがここで面白いのは、町の法律では処女は処刑出来ないというひねりをグリーナウェイは加えている事です。これによって司教は娘を処刑する為に、彼女の処女を奪う事を許可するという倒錯性を示します。娘を処刑する為ならば、彼女を多くの人間が襲っても構わない、つまり、処刑という大義の為ならば、犯罪を犯しても構わないという事です。

 

f:id:mythink:20190527032750j:plain



b.   娘の処女を奪ってよいという司教の指示は、演者たちの性的欲望を掻き立ててしまう。性的欲望が演劇の虚構性を破壊して、演劇をたんなる猥褻な現実へと変貌させるのです。司教の息子が殺されて性的欲望の対象を失った娘でしたが、今度は娘自身が不特定多数の男たちの性的欲望の対象となってしまった訳です。ここにおいて娘は、倒錯的に回帰してきた自分の性的欲望に直面したのですが、やがて性的なものの根源にある死へと追いやられてしまいます ( 73~78. )。実は、処女懐胎の欲望 ( 社会的欲望 ) こそが恐るべき性的欲望の奔流を防いでいたのに、処女懐胎の欲望を放棄した代償は予想以上に大きかったのです。

 

f:id:mythink:20190527032814j:plain


 

f:id:mythink:20190527032836j:plain

 

f:id:mythink:20190529205053j:plain

 

  4. 宗教的共同体とカニバリズム

f:id:mythink:20190724190930j:plain


a.    グリーナウェイは娘の死によって映画を終わらせません。幼子の死が残っているからです。奇跡の子、あるいは神の子としての幼子の死をたんなる現実的な死として終わらせるのではなく、その死を皆で共有させるのです。どうやって共有させるのかというと、赤子の死体を皆で食すというカニバリズム的儀式によってです。幼子 ( 神 ) は食べられる事によって単なる現実的な死から、皆の連帯の象徴、つまり、宗教的共同体の象徴へと移行するのです。もちろん、カニバリズムグリーナウェイ的悪趣味として他の作品 ( 『 コックと泥棒、その妻と愛人 』など ) でも見られるのですが、この場合、カニバリズムキリスト教儀式の聖餐 ( イエスが自分の身体をパン、血をワインとして弟子たちに共食させた最後の晩餐に由来する ) にグロテスク的誇張を施したものとして解釈すべきでしょう。

 

f:id:mythink:20190527032859j:plain



 

f:id:mythink:20190724190930j:plain