哲学的抽象機械

Philosophical Abstract Machine

佐藤祐市の映画『 累 かさね 』( 2018 )を哲学的に考える〈 2 〉

f:id:mythink:20190830184232j:plain
 

 

f:id:mythink:20190813161649j:plain

 

 

f:id:mythink:20190731231610j:plain

 

 

 佐藤祐市の映画『 累 ーかさねー 』( 2018 )を哲学的に考える〈 1 〉 からの続き

 

 

f:id:mythink:20190731231610j:plain

 

 

 4.   サロメの系譜

f:id:mythink:20191130204231j:plain



a.      『 累 ーかさねー 』の中で上演される『 サロメ 』( 1893 ) はアイルランドの作家オスカー・ワイルド ( 1854 ~ 1900 ) の戯曲なのですがこれは新約聖書におけるマタイ伝マルコ伝の話を基本的モチーフにしています【 ※ 】。しかし福音書の記述にはサロメの名前は出てきません ( サロメは母親であるヘロディアの娘としか記述されていない )【 ※ 】 。そこではサロメは未だ主要人物とはなっておらず福音書の中ではヘロデ王その妻ヘロディア洗礼者ヨハネの3人の枠組みで話が進んでいくのです

 

 

b.   その3人の中でサロメがどのような役割を果たしているかというとヘロデ王の誕生日祝いの饗宴の座で踊りを披露してヘロデ王を喜ばせます気を良くしたヘロデ王娘に褒美として望みのものを聞くのですがここでヘロディアはそれを利用し娘に「 ヨハネの首 」と言わせるのですロディアヘロデ王との結婚が近親相姦だとして非難したヨハネを恨んでいたのでお分かりのようにここでは娘は "サロメ" という主体ではなく母親ヘロディアの従順な道具でしかないのですヨハネの首を載せた盆を母親の所に持っていくという具合に

 

 

c.   その後サロメ西洋美術史において対象として様々な変遷を経ながら痕跡を残していきます面白いことに最初は "サロメの踊り" その対象になっていなかったというこれについて井村君江は次のように言っています

 

 

"   11世紀頃までは、「 聖ヨハネの斬首 」→ 「 サロメが首の載った皿を運び 」→ 「 それを王妃に渡す 」ー これら以外の場面のサロメ像として、「 サロメの踊り 」はなかった。

 サロメの踊りが描かれた古いものは、ドイツのヒルデスハイム大聖堂のものであろう。円柱の周りを巡るように彫られたレリーフがあるのだが、サロメは両手を広げ、それを空中に漂わせるように踊っている。

 これ以後13~4世紀までに多く見られるのが、「 逆立ちで踊るサロメ 」であるのは興味深い。まずイタリアのヴェローナにあるサン・ゼノ・マジョーレ聖堂。門扉にはニコッロとギグリエルモ作 ( 11世紀 ) といわれるブロンズのレリーフ〈 聖ヨハネの生涯 〉がある。このヘロデの宴会の場面に、踊るサロメが彫られているが、サロメは頭と足を床につかんばかりに二つに折り、身体を弓なりに曲げ、体を丸く曲げて芋虫のように見える。

 一方、14世紀のフランス、ルーアン大聖堂の入り口の門扉の上、半月のタンパンのレリーフには、〈 ヘロデの宴会 〉が彫られている。これには通称〈 逆立ちで踊るサロメ 〉として知られるサロメ像が描かれている。両手を床につき、両足を上げ、足首を曲げるポーズである " 

サロメ図像学 』 井村君江 あんず堂  2003年 p110~112.

 

 

 

ルーアン大聖堂 聖ヨハネ門の破風 ( タンパン )

f:id:mythink:20190814210018j:plain

 


d.   ここに彫られたサロメの踊りこそ19世紀のフランスの作家ギュスターヴ・フローベールの小説『 ヘロディアス 』でサロメのダンスシーンを書かせるきっかけになったものですc. で述べたようにサロメは美術の世界では様々な形象となってきたのですが文学の世界で具体的対象 ( 主体 ) となるにはフローベールを待たなければならなかったそして19世紀末のフランスにおいてサロメという対象によって作家のフローベールと共鳴したのがもう1人のギュスターヴ画家のギュスターヴ・モローなのです踊るサロメとそこに現れたヨハネの首を描いた〈 出現 〉は余りにも有名ですね彼の "サロメ" はフローベール以上に影響力があったといえるでしょうサロメファム・ファタール ( 宿命の女 ) の系譜に位置付けるのに成功しているという意味でそして2019年の現在ギュスターヴ・モロー展 -サロメと宿命の女たちー 』が日本の各地 ( 東京大阪福岡 ) で巡回しているので興味のある方にオススメです

 

 

 

ギュスターヴ・モロー 〈 出現 〉1876   

f:id:mythink:20190814210038j:plain

 

 


e.   フローベールの『 ヘロディアス 』において初めてサロメのダンスは具体的に記述されるのでありここにサロメの主体化の萌芽があるのですサロメの官能的ダンスはその場にいる男達を性的に刺激し興奮させる様子は物語のクライマックスにふさわしいフローベール的筆致の極みとなるつまり官能性ですら客観的文体で描写するというフローベール的抑制が逆説的にも却って興奮を高めていると言えるのです少々長くなりますが引用しておきましょう

 

 

f:id:mythink:20190825211025j:plain

 

 

" 物腰のひとつひとつがこぼれるため息となり、全身これ悩ましさといった風情で、神を思って泣いているのか、神の御手にいだかれて息も絶えんとしているのか、わからないほどである。瞼は半ば閉じ、腰をくねらせ、波打たせるように腹をゆすり、両の乳房をふるわせる。顔はじっと動かぬまま、足先はなおも拍を踏む。

〈 中略 〉

 それは、幻ではなかった。ヘロディアスは、マカエラスから遥か遠いかの地で、我が娘、このサロメを、しかるべく仕込んでおいたのだった。アンティパスはこの娘に夢中になることだろう。その考えは的中した。もはや、間違いない。

 それから、思いを遂げんとする愛の狂乱の場が始まった。インドの巫女のように、大瀑布のほとりに住むヌビアの女のように、酒神に仕えるリディアの巫女のように、舞は続けられた。嵐になぶられる一輪の花もかくやと思うほど、前に後ろに、右に左に、その身はしなり、のけぞった。耳にきらめく石は跳ね、背中の絹は五色に光る。腕から、足から、衣装から、目には映らぬ火花があふれ、男たちを燃えあがらせる。竪琴が一鳴りすると、満場に歓声が沸き起こった。娘は膝を伸ばしたまま、両足を開き、顎が床に触れそうなほど、深々と身をかがめた。節制を旨とする遊牧民も、放蕩に慣れたローマ兵も、吝嗇な税務官も、論争で気を荒立てていた祭司たちも、皆が鼻孔をふくらませ、あの娘をわがものにできればと胸を高鳴らせた。

〈 中略 〉

 娘は逆立ちになり、踵を宙に躍らせると、巨大なスカラベのように、演壇を渡っていった。そしてぴたり、と止まった。

 うなじから背骨にかけての線が直角をなしていた。脚をつつむ色あざやかな袴は、肩の上に虹のように落ちかかり、その下に浮かぶ顔は、床から一キュビトほどの高さにあった。唇には虹が差され、眉はくっきりと黒く、目はほとんど恐怖すら感じさせた。額にきらめく汗の雫は、大理石に結ばれた露のようであった。

 娘は口をきかなかった。ふたりは見つめ合った。

 歩廊で指を鳴らす音がした。娘は上へと上がってゆき、再び広間に姿を現した。そして、わずかに舌足らずな発音で、子供のようにあどけなく、こう口にしたのだった。

「 では、ここへ持ってきてくださいな。お皿にのせて、首を・・・・・・」

 一瞬その名が出てこなかったが、やがてにっこりとして言った。

「 ヨカナーンの首を 」

 アンティパスは愕然として、その場にくずれおちた。" 

 

 『 ヘロディアス 』 谷口亜沙子 訳 光文社古典新訳文庫 p205~208. フローベール『 三つの物語 』から

 

 

 

f.   このようにフローベールは聖書の逸話に肉付けを施し文学にまで見事に昇華させましたしかしサロメのダンス描写は『 ヘロディアス 』の全てを象徴しているのではありませんよく知られるようにフローベールは自分の創作スタイルとして実証的資料を精査するという前準備を行っていましたこのスタイルは『 ヘロディアス 』にも表れていてそこでは資料に基づいて古代ユダヤ史を文学的に構成し直すつまり実証的エクリチュールを用いて事実に近い所でテクストを織り直しているのですそれが『 ヘロディアス 』という訳です

 

 

g.   ここで大切なのは実証的エクリチュールといってもそれは科学的なものではないという事ですもしそうであるのならそれはフローベールが熱読したジュール・ミシュレのような歴史学と何ら変わりないものになってしまうここで言う実証的エクリチュールとは限りなく事実であるかのような文学的表現であるという事ですこれに伴ってフローベールの文体を説明する際によく使われる客観的描写という言い方は次のように理解される必要があるでしょう

 

 

h.   フローベール物事をたんに客観的に記述するためだけの客観的描写を用いているのではなくある事実 ( 例えば『 ヘロディアス 』におけるユダヤ古代史ルーアン大聖堂のサロメ)ある事物 ( 『 聖ジュリアン伝 』におけるルーアン大聖堂のステンドグラス ) などの実的契機に創造的物語の糸を紡ぎ足すために客観的描写を用いていると考えるべきです詰まるところそのような創作的手法は文学的テクストという虚構物に現実性を纏わせるという文学創作における作家の欲望の源泉のひとつになっているといえるでしょう

 

 

i.   フローベールの『 ヘロディアス 』においてサロメは主体の萌芽として描かれたのですが物語の重心は依然としてキリスト教が生まれ出ようとする古代ユダヤの政治宗教的動向を描く事にあったのは間違いないでしょうつまり実証的エクリチュールによる古代ユダヤ史の文学的編集ですしかしフローベールのこのような創作的方法の傍らでサロメという1つの主体が誕生する契機が生まれましたそしてこの契機を拾い上げて "サロメ" を主体として誕生させたのがオスカー・ワイルドなのですそれについては次回で考えていきましょう

 

 

f:id:mythink:20191130203331j:plain



【 ※

   ただしマタイ伝とマルコ伝には若干の相違があります井村君江が『 サロメ図像学 』でまとめてくれているので参照しましょう

 

"   まず「 マタイ伝 」によれば、ヘロデがヨハネ処刑を決するのは、王は誓ったことを実行するという威光を示すためであり、( 「 その誓と席に在る者とに対して、之を与ふることを命じ・・・」) 、また斬首を執行することを王が躊躇するのは、ヨハネ預言者だと信じている群衆の反感を恐れてのことである。

 しかし、「 マルコ伝 」では、ヘロデ王ヨハネを畏怖しており、その言の真なることを認めていたので、処刑を実施することは、王の心に反することだとなっている。

 〈 中略 〉

 また「 マタイ伝 」では、ヘロディアスの娘は、前もって母にヨハネの首を要求するよう命じられているが、「 マルコ伝 」ではこの考えは王の褒美の約束ののち、母と娘との問答を経て現れてきている。前者ではヘロディアスがこの事件を初めから仕組んでおり、後者ではその場の成行きから、彼女の意図がはからずも実現し、思っていた結末を招くことになる。" 

 

サロメ図像学 』 井村君江 あんず堂  2003年 p19~20.

 

 

【 ※

   サロメの名前が出てくるのは先史時代のユダヤを記録したフラウィウス・ヨセフスの『 ユダヤ古代誌古代の記録として貴重な書物ですがそこにはヨハネの処刑については書かれていてもサロメの踊りについての記述はありませんいやそもそもサロメの踊りが特権化されるのは後の時代の事であって福音書でも僅かに述べられているだけなのを考えると記述がないのは当然といえば当然

 

 

   サロメのダンスについての詳細な学術的分析に興味がある方はサロメのダンスの起源 』 大鐘敦子  慶応義塾大学出版会 2008年 p81~112. を参照

 

 

f:id:mythink:20191130203331j:plain



  佐藤祐市の映画『 累 ーかさねー 』( 2018 )を哲学的に考える〈 3 〉 に続く

 

 

f:id:mythink:20191130203331j:plain