読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆ 僕を哲学的に考えさせる映画:ジャック・ベッケルの〈 穴 〉

f:id:mythink:20170506173201j:plain

 

 

      f:id:mythink:20160529233128j:plain

 

監督:ジャック・ベッケル

原作:ジョゼ・ジョヴァンニ

出演:マルク・ミシェル(ガスパール)

  フィリップ・ルロワ(マニュ)

  ジャン・ケロディ(ロラン)

  ミシェル・コンスタン(ジョー)

  レイモン・ムーニエ(ボスラン)

公開:1960

 

**************************************

 

 

1.〈穴〉は果たして"脱獄劇"なのか?

f:id:mythink:20170510230432j:plain

 

f:id:mythink:20160523084514j:plain ジャック・ベッケルの遺作。この作品は単なる娯楽的な脱獄劇ではないと言えるでしょう。脱獄をテーマにしつつも、その裏側で蠢く人間心理を露にしているのです。ただし、その様子は映画のラストまで秘かに蓄積され、ラストにおいて圧倒的な描写によって爆発します。

 

f:id:mythink:20160523084514j:plain この映画が単なる脱獄劇でない事を示す分岐点は、以下のシーンでしょう。5人の仲間は部屋の床に穴を掘り続け、地下の下水道脈に通じるのですが、マニュとガスパールの2人はそこから刑務所外のマンホールへと到達する事に成功します・・・。

f:id:mythink:20160530084203j:plain

f:id:mythink:20160523084514j:plain ここで2人は脱獄の成功という誘惑に負け、仲間を置いて2人だけで逃げる選択肢も可能なのですが、そうせずに仲間の所に戻ります。脱獄に成功したにも関わらず、そこから引き返すというこの場面によって、"単なる脱獄という行為"から"脱獄にまつわる人間心理劇"へと移行していく事が示されているのです。

 

 

2. 異端分子ガスパール

f:id:mythink:20170510230432j:plain

 

f:id:mythink:20160523084514j:plain この後のラストの伏線として、脱獄をしないと決めたジョーの話があります。

f:id:mythink:20160530100036j:plain

f:id:mythink:20160523084514j:plain もう後は、全員で脱獄するのみという時になって、ジョーはここに残る事を伝えます。理由は病気の祖母に警察の捜索が及ぶ事を心配しての事ですが、誰も特に反対する事なく受容れます。このシーンは後のガスパールへの疑惑とは対照的なものとして描かれているのです。ジョーの決断に対して誰も"裏切りではないのか"という疑惑を向ける事はありません。この事は、もとから仲間だった4人の連帯意識が変わりない事を示しているのと同時に、後から仲間に加わったガスパール1人が異端分子である事を後のシーンでハッキリさせる為の予兆として機能しています。

 

 

3. 仲間を裏切る事の出来ない人の良いガスパール・・・

f:id:mythink:20170510230432j:plain

 

f:id:mythink:20160523084514j:plain ガスパールは急遽、所長に呼び出され、妻が訴えを取り下げる旨を聞きます(ガスパールは夫婦喧嘩の際、誤って妻を負傷させた事で訴えられていた)。

f:id:mythink:20160530104416j:plain

f:id:mythink:20160523084514j:plain 脱獄前に、こんな話を聞いてもガスパールは当然、素直に喜べるはずもありません。脱獄をやめる事は仲間への裏切りになるからです。さて注意すべきは、ガスパールは所長の話を真面目に受け取り、悩み始めてしまった事です。所長の話が本当かどうか疑う事をしませんここに彼の人の良さが出ています。彼は所長が自分の人の良さを利用しようとしている事に気付かないのです(彼自身、自分の人柄に安住しているタイプです。それが周囲にどのように受取られるか、あるいはどう利用されるかという事には無頓着だといえます)。

f:id:mythink:20160523084514j:plain そう所長は彼の人柄の良さを利用しているのです。ここでは妻の訴えの取り下げが本当かどうかは問題ではありません。仮にそれが所長による嘘であり、ガスパールが信用しないとしても(いや、彼は信用するでしょう)、人の良い彼はこのやりとりを仲間に話すしかないのです。そうするとこの時点で彼の話を聞いた仲間は、真実がどうであれ、"ガスパールと所長の話し合いという事実"自体が、"裏切り"の符丁としてガスパールを怪しむ事になるという訳です人の良い彼は脱獄をやめないと言うのですが・・・。

f:id:mythink:20160530200801j:plain

 

f:id:mythink:20160530210142j:plain やはり仲間は彼を信用しないようです。

f:id:mythink:20160530202344j:plain

 

f:id:mythink:20160530210142j:plain ガスパールは自虐的になって落ち込む・・・。

f:id:mythink:20160530210107j:plain

 

 

4. 脱獄の失敗、そして4人と1人・・・

f:id:mythink:20170510230432j:plain

 

f:id:mythink:20160530210142j:plain 5人がいよいよ脱獄しようとする夜、見回りが様子を見に来て立ち去るのを見張り役のジョーがガラスの破片を張り付けた歯ブラシで確認します。ドアの覗き穴から歯ブラシを出して通路の様子を見るという訳ですね。有名な小道具です。この歯ブラシを反対方向に向けた時、そこには看守達がズラリと勢ぞろいしているというこれまた有名なシーンによって一気にラストシーンに流れ込みます。ガスパールはそれまでの落ち着いた役柄から豹変して"違う!俺じゃない"と叫びます。それと同時にマニュはガスパールに飛びかかり首を執拗に絞めようとしつつも、なだれ込んできた看守たちによって引き離されるのです。このシーンはそれまで蓄積していたガスパールへの疑念が一気に噴出し、脱獄という目的がとうに吹き飛んだ混乱を示しています

f:id:mythink:20160530215549j:plain

 

f:id:mythink:20160530210142j:plain 4人は看守たちに取り押さえられ、服を脱がされ通路の壁に手をついて立たされます。1人 部屋の中に立ち尽くすガスパールは現れた所長の指示に促された看守によって独居房に向かわされます。部屋を出る時、ジョーと顔が合うのですが、その時のジョーのセリフが印象的です、 "哀れだな"

f:id:mythink:20160530223655j:plain

f:id:mythink:20160530210142j:plain このジョーのセリフをどう理解すべきでしょう?俺たちを裏切った挙句に自分も所長に裏切られるとはなという意味でしょうか。そうすると相変わらずガスパールは裏切り者と見られているという事になりますが、そのセリフを発するのがジョーではなく、マニュであればその通りでしょう。それに対してジョーガスパールが所長に利用されていた事を理解した上で(所長が現れてガスパールを独居房へ連れて行くよう指示したのを見ていたでしょうから)、ガスパールの存在自体に対して"哀れだな"と言っていると解釈すべきでしょう。

 

f:id:mythink:20160530210142j:plain ある意味、ガスパールのような人間にとっては、裏切り者の烙印を押されるより、自分の存在を哀れまれる方がキツイかもしれません。なぜなら裏切り者と言われるだけなら、前のシーンで叫んだように自分の誠実さでもって"違う"と言い返す事が出来る。しかし、誠実であるはずの自分の存在自体が哀れまれるのなら、もはやガスパールは言い返す事すら出来ない、つまりガスパールは自分の存在に向き合うしかないという重荷を背負う事になるのです

 

f:id:mythink:20160530210142j:plain このようなガスパールの異質性は、"脱獄"という元々の4人の行動目標を宙吊りにしてしまうものとして機能しています。もちろんそれは所長の思惑によってなされるものであるのですが、4人の脱獄という目標への一直線のベクトルが、異質な1人の存在によって呼び起こされる仲間内での心理的疑惑によって壊れてしまうという意味で成功しているといえるでしょう。なのでガスパールが4人の部屋に送り込まれた時点で、"脱獄"それ自体は既に失敗していたと考えられます。故にこの作品は単なる"脱獄劇"ではなく、"脱獄にまつわる心理劇"であったと解釈できるのです。

 

 

**************************************

 

 

〈このブログ内の関連記事〉

◆ 僕を哲学的に考えさせる映画〈アルカトラズからの脱出〉

クリント・イーストウッド主演の脱獄映画。

 

 

**************************************