哲学的考察と備忘録

ブログタイトルをクリックすると先頭ページのカテゴリー欄が現れます。

■ 映画【 SF 】

アンジェイ・ズラウスキーの映画『 シルバーグローブ 』を哲学的に考える

監督:アンジェイ:ズラウスキー 公開:1989年 製作国:ポーランド 原作:イェジー・ズラウスキー ( 『 月三部作 』) 1. 『 シルバーグローブ 』の成り立ちと演出 a. 映画『 シルバーグローブ 』は、アンジェイ・ズラウスキーの大叔父であったイェジー・ズラ…

ラース・フォン・トリアーの映画『 メランコリア 』を哲学的に考える

ラース・フォン・トリアーのナチスへの傾倒とヒトラーへの共感発言でセンセーショナルな注目を浴びる事になった本作品。タルコフスキーの〈惑星ソラリス〉へのオマージュであるこの映画を通じてトリアーの映画の本質について考えます。

アンドレイ・タルコフスキーの映画『 惑星ソラリス 』を哲学的に考える

ラース・フォン・トリアーの〈メランコリア〉によってオマージュを捧げられている本作品。ハリウッド的SF映画とは違う人間の内面に迫る心理的SF映画。精神分析的アプローチで考えて行きます。

クリストファー・ノーランの映画『インターステラー』を哲学的に考える

公開:2014年 監督:クリストファー・ノーラン 脚本:クリストファー&ジョナサン・ノーラン 出演:マシュー・マコノヒー ( ジョセフ・クーパー ) :ジェシカ・チャステイン ( マーフィー・クーパー ) :マッケンジー・フォイ ( マーフ幼少期 ) :エレン・バ…